初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

権利関係

宅建士試験過去問 権利関係 相続 2-39 平成23年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

AがBから事業のために1000万円借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、AとBが婚姻した場合、AのBに対する借入金債務は混同により消滅する。 2、AがCと養子縁組した場合、CはAのB…

宅建士試験過去問 権利関係 相続 2-38 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

婚姻中の夫婦AB間には嫡出子CとDがいて、Dは既に婚姻しており嫡出子Eがいたところ、Dは平成25年10月1日に死亡した。他方、Aには離婚歴があり、前の配偶者との間の嫡出子Fがいる。Aが平成25年10月2日に死亡した場合に関する次の記述のう…

宅建士試験過去問 権利関係 時効の中断 2-37 平成21年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

Aは、Bに対し、建物を賃貸し、月額10万円の賃料債権を有している。この賃料債権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば誤っているものはどれか。 1、AがBに対する賃料債権につき、支払督促の申立をし、さらに期間内に適法に仮執行の宣言…

宅建士試験過去問 権利関係 取得時効 2-36 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

A所有の甲土地を占有しているBによる権利の時効取得に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、Bが父から甲土地についての賃借権を相続により承継して賃料を払い続けている場合であっても、相続から20年間、甲土地…

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権・根抵当権 2-35 平成26年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

AがBとの間でCのBに対する債務を担保するために、A所有の甲土地に抵当権を設定する場合と根抵当権を設定する場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1、抵当権を設定する場合には、被担保債権を特定しなければならない…

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権 2-34 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額2400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額4000万円)をそれぞれ有しており、Aにはその他に担保権を有しない債権者E(債権額2000万円)がい…

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権消滅請求 2-33 平成21年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

民法379条は、「抵当不動産の第三取得者は第383条の定めるところにより、抵当権消滅請求をすることができる」と定めている。これに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。1、抵当権の被担保債権につき、保証人となっている…

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権 2-32 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば誤っているものはどれか。1、賃借地上の建物が抵当権の目的となっている時は、一定の場合を除き、敷地の賃借権にも抵当権の効力が及ぶ。 2、抵当不動産の被担保債権の主債務者は、抵当権消滅請求…

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権 2-31 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払い渡し、又は引き渡し前に差し押さえるものとする。1、Aの抵当権設定登記があるB所…

宅建士試験過去問 権利関係 留置権 2-30 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

留置権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1、建物の賃借人が賃貸人の承諾を得て建物に付加した造作の買取請求をした場合、賃借人は造作買取代金の支払いを受けるまで、当該建物を留置することができる。 2、不動産…

宅建士試験過去問 権利関係 相隣関係 2-29 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

甲土地の所有者Aが他人の所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。1、甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは公道に出るために甲土地を囲んでいる他の土地を自由に選ん…

宅建士試験過去問 権利関係 連帯債務・保証 2-28 平成20年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

AからBとCとが負担部分二分の一として連帯して1000万円を借り入れる場合と、DからEが1000万円を借り入れ、Fが借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。1、AがB…

宅建士試験過去問 権利関係 保証 2-27 平成22年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

保証に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば誤っているものはどれか。1、保証人となるべき者が、主たる債務者と連絡を取らず、同人からの委託を受けないまま債権者に対して保証したとしても、その保証契約は有効に成立する。 2、保証人となる…

宅建士試験過去問 権利関係 相殺 2-26 平成23年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

Aは自己所有の甲建物をBに賃貸し、賃料債権を有している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。1、Aの債権者CがAのBに対する賃料債権を差押えた場合、Bは、その差押え前に取得していたAに対する債権と…

宅建士試験過去問 権利関係 債権譲渡 2-25 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

AがBに対する債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。1、AのBに対する債権に譲渡禁止の特約があり、Cがその特約の存在を知りながら債権の譲渡を受けていれば、Cからさらに債権の譲渡を受けた…

宅建士試験過去問 権利関係 解除 2-24 平成21年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

売主Aは、買主Bとの間で甲土地の売買契約を締結し、代金の三分の二の支払いと引き換えに、所有権移転登記手続きと引き渡しを行った。その後、Bが残代金を支払わないので、Aは適法に甲土地の売買契約を解除した。この場合に関する次の記述のうち、民法の…

宅建士試験過去問 権利関係 詐害行為取消権 2-23 平成20年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

AはBに対する債権者であるが、Bが債務超過の状態にあるにもかかわらず、B所有の甲土地をCに売却し、所有権移転登記を経たので、民法第424条に基づく詐害行為取消権(以下この問において取消権という)の行使を考えている。この場合に関する次の記述の…

宅建士試験過去問 権利関係 債権者代位権 2-22 平成22年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

民法第423条第1項は、「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。」と定めている。これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤ってい…

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2-21 平成22年

両当事者が損害の賠償につき、特段の合意をしていない場合において、債務の不履行によって生じる損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。 1、債権者は債務の不履行によって通常生ずべき損害のうち、契約締結…

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2-20 平成24年

債務不履行に基づく損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、AがBとの契約を締結する前に、信義則上の説明義務に違反して契約締結の判断に重要な影響を与える情報をBに提供しなかった場合、Bが…

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2-19 平成26年

次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。 1、賃借人の債務不履行を理由に賃貸人が不動産の賃貸借契約を解除するには、信頼関係が破壊されていなければならない旨。 2、当事者は債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる…

宅建士試験過去問 権利関係 委任 2-18 平成18年

民法上の委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1、委任契約は、委任者又は受任者のいずれからもいつでもその解除をすることができる。ただし、相手方に不利な時期に委任契約を解除した時は、相手方に対して、損害…

宅建士試験過去問 権利関係 瑕疵担保 2-17 平成26年

Aは、Bに建物の建築を注文し、完成して引き渡しを受けた建物をCに対して売却した。本件建物に瑕疵があった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、Cは、売買契約締結の当時、本件建物に瑕疵があることを知っ…

宅建士試験過去問 権利関係 請負 2-16 平成18年

AがBに対して建物の建築工事を代金3000万円で注文し、Bがこれを完成させた。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、請負契約の目的物たる建物に瑕疵がある場合、瑕疵の修補が可能であれば、AはBに…

宅建士試験過去問 権利関係 賃貸借 2-15 平成27年

AB間でAを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物について、(1)賃貸借契約を締結した場合と、(2)使用貸借契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1、Bが死亡した場合、(1)では、契約は終了しないが…

宅建士試験過去問 権利関係 賃貸借 2-14 平成28年

AがBに甲建物を月額10万円で賃貸し、BがAの承諾を得て甲建物をCに適法に月額15万円で転貸している場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、Aは、Bの賃料の不払いを理由に甲建物の賃貸借契約を解除…

宅建士試験過去問 権利関係 賃貸借 2-13 平成25年

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急処置をとったとしても、Aの承諾がなければ、Bはその費用…

宅建士試験過去問 権利関係 贈与 2-12 平成21年

Aは、生活の面倒をみてくれている甥のBに自分が居住している甲建物を贈与しようと考えている。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1、AからBに対する無償かつ負担なしの甲建物の贈与契約が書面によってなされた…

宅建士試験過去問 権利関係 売主の担保責任 2-11 平成28年

Aを売主、Bを買主とする甲土地の売買契約(以下この問について本件契約という)が締結された場合の売主の担保責任に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、Bが、甲土地がCの所有物であることを知りながら本件契…

宅建士試験過去問 権利関係 売主の担保責任 2-10 平成21年

Aを売主、Bを買主として甲土地の売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。 1、A所有の甲土地にAが気づかなかった瑕疵があり、その瑕疵については、Bも瑕疵であることに気づいておらず、かつ、気…

宅建士試験過去問 権利関係 無権代理 2-8 平成24年

A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。 1、…

宅建士試験過去問 権利関係 無権代理 2-9 平成18年

AはBの代理人としてB所有の甲土地をCに売り渡す契約をCと締結した。しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有していなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、BがCに対し、Aは甲土地の売…

宅建士試験過去問 権利関係 代理 2-6 平成24年

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、未成年者が代理人となって締結した契約の効果は、当該行為を行うにつき、当該未成年者の法定代理人による同意がなければ、有効に本人に帰属しない。 2、法人につい…

宅建士試験過去問 権利関係 意思表示 2-5 平成23年

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、Bは、甲土地は、将来、地価が高騰すると勝手に思い込んで売買契約を締結したところ、実際には、高騰しなかっ…

宅建士試験過去問 権利関係 意思表示 2-4 平成27年

Aは、その所有する甲土地を譲渡する意思がないのに、Bと共謀して、Aを売主、Bを買主とする甲土地の仮装の売買契約を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において、善意または…

宅建士試験過去問 権利関係 行為能力 2-3 平成26年

後見人制度に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1、成年被後見人が第三者との間で建物の贈与を受ける契約をした場合は、成年後見人は、当該法律行為を取り消すことができない。 2、成年後見人が成年被後見人に代わって、成…

宅建士試験過去問 権利関係 行為能力 2-2 平成28年

制限行為能力に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1、古着の仕入れ販売に関する営業を許された未成年者は、成年者と同一の行為能力を有するので、法定代理人の同意を得ないで、自己が居住するために建物を第三者から…

宅建士試験過去問 権利関係 条文の有無 2-1 平成28年

胡桃「今日から、『権利関係ステージ2』の問題に取りかかるわよ」 建太郎「権利関係ステージ2?どういう意味だい?」 胡桃「今までの問題は『ステージ1』だったのよ。出題年度を注意して見ていたかしら?平成一ケタ年代とか、十年代の問題だけだったのに…

宅建士試験過去問 権利関係 不動産登記 1-75 平成17年

不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1、登記の申請を共同してしなければならない者の一方に登記申請をすべきことを命ずる確定判決による登記は、当該申請を共同してしなければならない者の他方が単独で申請することができる…

宅建士試験過去問 権利関係 不動産登記 1-74 平成12年

所有権の保存登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1、所有権の保存登記が為されていない建物について、その所有権が自己にあることを確定判決によって証明できる者は、当該建物の所有権の保存登記を申請することができる。 2、土地の登…

宅建士試験過去問 権利関係 不動産登記 1-73 平成16年

不動産の仮登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、仮登記は書面で申請するものとする。 1、仮登記の申請は、申請書に仮登記義務者の承諾書を添付して、仮登記権利者が単独で申請することができる。 2、仮登記の申請は、申請書に仮処…

宅建士試験過去問 権利関係 物権変動 1-72 平成15年

Aは、自己所有の甲地をBに売却し、引き渡したが、Bは、まだ、所有権移転登記を行っていない。この場合、民法の規定および判例によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1、CがAB間の売買の事実を知らずに、Aから甲地を買い受け、所有権移…

宅建士試験過去問 権利関係 物権変動 1-71 平成7年

Aの所有する土地をBが取得した後、Bが移転登記をする前に、CがAから登記を移転した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、BがCに対して登記がなければ土地の所有権を主張できないものはどれか。 1、BがAから購入した後、AがC…

宅建士試験過去問 権利関係 賃貸借 1-70 平成16年

AはBに対し甲建物を月20万円で賃貸し、BはAの承諾を得たうえで、甲建物の一部をCに対し月10万円で転貸している。この場合、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。 1、転借人Cは、賃貸人Aに対しても、月10万円…

宅建士試験過去問 権利関係 物権変動 1-69 平成16年

Aは、自己所有の建物をBに売却したが、Bは、まだ所有権移転登記を行っていない。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1、Cが何らの権限もなく、この建物を不法占拠している場合、Bは、Cに対し、この建物…

宅建士試験過去問 権利関係 賃貸借 1-68 平成15年

借主Aは、B所有の建物について、貸主Bとの間で賃貸借契約を締結し、敷金として、賃料2か月分に相当する金額をBに対して支払ったが、当該敷金について、Bによる賃料債権への充当はされていない。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち…

宅建士試験過去問 権利関係 使用貸借 1-67 平成17年

Aは、自己所有の建物について、災害により居住建物を失った友人Bと、適当な家屋が見つかるまで、一時的住居とするとの約定のもとに、使用貸借契約を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、…

宅建士試験過去問 権利関係 借家権 1-66 平成17年

動産の賃貸借契約と建物の賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取り壊し予定の建物の賃貸借及び同法40条に規定する一時使用目的の建物の賃貸借を除く。)に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によ…

宅建士試験過去問 権利関係 借家権 1-65 平成14年

建物賃貸借契約の終了に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば正しいものはどれか。 1、期間の定めのある建物賃貸借において、賃貸人が、期間満了の一年前から六か月前までの間に、更新しない旨の通知を出すのを失念したときは、賃貸人に借地借家…

宅建士試験過去問 権利関係 借家権 1-64 平成15年

平成15年10月に新規に締結しようとしている契約期間が2年で、更新がないこととする旨を定める建物賃貸借契約(定期借家契約)に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば正しいものはどれか。 1、事業用ではなく、居住の用に供する建物の賃貸借に…