初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

知らなければ恥 実務の常識

相続人以外の第三者に財産を残したい場合 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

相続人以外の方に財産を残したいと思うこともあるでしょう。例えば、法律上の婚姻関係にない内縁の妻、親身になって介護してくれたり世話をしてくれた方、長年の親友、信仰している宗教団体、公益団体などです。彼らに財産を残したいと思っても、彼らが法定…

法定相続人に相続させたくない場合 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

特定の法定相続人に遺産を相続させたくないと考えることもあると思います。例えば、自分の面倒を見てくれない。あるいは、自分に対して虐待をする子供に財産を相続させたくない。離婚協議中である配偶者に対して財産を相続させたくない。といったような場合…

法定相続人以外の者に遺産の一部を譲りたい場合 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

あなたが遺言書を書かずに亡くなった場合、あなたの遺産は、民法の定めに従い、法定相続人が相続することになります。・法定相続人のうち、特定の者に対して、多くの遺産を譲りたい。・後順位の法定相続人に遺産を譲りたい。・相続人ではない人に遺産を譲り…

遺言書が無視されることもある / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書と言うと、自分が死ぬまでは、その内容はもちろんのこと、遺言書があることすら、隠しておくべきだ。と考える方もいるかもしれません。家族に自分の死後のことを生前に話しておくならば、わざわざ、遺言書と言う形式で残す必要はない。自分が死んだ後…

遺言書が却ってトラブルを招いてしまう / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書を作ったのに、その遺言書が却ってトラブルを招いてしまうということがあります。自筆証書遺言と言う形式の遺言書の場合は、よりトラブルになりやすいものです。よくある例をまとめておきます。 1、パソコンやワープロで作成している。きれいな字が書…

遺言書はただの紙切れ / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書がない場合は、遺産の分配は相続人同士の協議によって決めることになります。これを遺産分割協議と言います。相続人となるのは、一般的には、配偶者と子供でしょう。私の家族は、毎年、盆やお正月にはみんな集まり、わいわいがやがやと過ごすし、仲が…

相続、遺贈、死因贈与の違いとは / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

相続、遺贈、死因贈与どれも同じ意味のように思うかもしれませんが、厳密には違います。以下、その違いをまとめておきます。相続とは……被相続人の死亡により、被相続人の資産と負債が法定相続人に対して法律で定められた割合により包括的に承継されることを…

相続人の廃除 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。これが民法第八百九十二条に定…

遺言者の代わりに相続手続きを見届ける人 遺言執行者 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書が効力を発揮するのは、遺言者が亡くなってからです。ですから、遺言者は、自分の遺言通りに事が進むかどうかを見届けることはできません。もしかしたら、相続人の一人が、遺言内容に異議を唱えて、相続人間で争いごとになるのではないかと考えてしま…

寄与分とは / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

寄与分とは、特定の法定相続人が被相続人の生存時に被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合、その貢献の程度に相当する金額を相続分に加算することができるという制度です。遺言書がなく、遺産分割協議がまとまらずに、家庭裁判所での調停となった場合、…

特別受益者とは / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

被相続人が亡くなる前に、特定の相続人が、被相続人が一定の贈与や遺贈を受けていた場合、「特別受益者」となります。一定の贈与や遺贈とは何かと言うと、 1、遺贈を受けた者 2、婚姻または養子縁組のための贈与を受けた者 3、生計のための資本として贈与…

遺留分とは / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

相続人には遺産を相続する権利があります。遺言書や遺産分割協議によって、特定の相続人には遺産を相続させないとか、極端に少なくするということは可能です。しかし、意図的に特定の相続人に相続財産を受け継がせないことは、その相続人の権利を侵害してい…

二つのタイプの遺言書 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書には、大きく分けて二つのタイプがあります。一つは、自分で作成するタイプの遺言書。もう一つは他人に作成してもらうタイプの遺言書です。自分で作成する遺言書は「自筆証書遺言」と言います。自筆証書遺言は、遺言者が日付と氏名を自書し、押印する…

遺言書がない場合の法定相続とは / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書がない場合は、遺産の相続は民法の法定相続に従うか、相続人同士の話し合いで分割方法を決めることになります。では法定相続の場合、どのような形で相続が行われることになるのでしようか。以下、具体的に見て行きましょう。亡夫(被相続人)の遺産が「…

負債が多い場合は家庭裁判所で相続放棄の手続きを三か月以内に済ませよう / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

人が亡くなった時は、亡くなった方――被相続人の財産はその配偶者や子供――相続人に引き継がれます。これを相続というわけですが、引き継がれる財産は銀行預金や不動産などのプラスの財産だけではありません。被相続人が生前に完済できなかった借金やローンな…

戦前は遺言書は必要なかったが / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書と言うと、日本には馴染みのないものという考えを持つ方もいると思います。明治から戦前にかけては、遺言書を作成することはあまりありませんでした。というのは、家督相続といい、長男などの特定の個人にあらゆる遺産を相続させることが当たり前だっ…

遺産の分割以外のことも遺言書に書き残すことかできる / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書と言うと、遺産の分割、相続方法を指定するだけのものと考える方が多いと思います。そのため、めぼしい財産がない方は、自分には、無関係だと考えてしまいがちです。しかし、遺産分割、相続の方法の指定は、遺言書の役割のほんの一部にすぎません。例…

遺言書をいつ書くか / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書と聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。 「死期を悟った時、病床で残される人たちに言い残すべき事を書き綴るのが遺言書だ」 というイメージを持っている方もいるかもしれません。 如何にもドラマなどで描かれそうなシーンですよ…

遺産が六十万円しかなくても相続分を巡る争いは起きる / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

遺言書というと「土地や財産をたくさん持っている人が書くもの」というイメージを持っている方が多いと思います。 自分の財産といえば、持ち家と貯金。持ち家は長男夫婦が受け継ぐことになっているし、貯金は老後の生活で消費してほとんどないから、わざわざ…