初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-12 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市特例市にあってはその長をいうものとする。

1、都道府県知事は、開発許可の申請があった時は、申請があった日から21日以内に、許可又は不許可の処分をしなければならない。
2、開発行為とは、主として、建築物の建築の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいい、建築物以外の工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更は開発行為に該当しない。
3、開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止した時は、遅滞なくその旨を都道府県知事に届け出なければならない。
4、開発行為を行おうとする者は、開発許可を受けてから、開発行為に着手するまでの間、開発行為に関係がある公共施設の管理者と協議し、その同意を得なければならない。



美里「これも条文をしているかどうかの問題だよね」
建太郎「ああ。細かい問題だよな」
美里「そう?問われているのは、基本的な事項ばかりだよ」

続きを読む

被相続人と深い関係にありながら、相続人になれないケース / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

被相続人と深い関係にありながら、相続人になれないケースもあります。

代表的な例が、以下の二つの場合です。

1、被相続人と内縁関係にあった人

事実上、婚姻関係にありながら、婚姻届出を出していない夫婦の場合は、お互いに遺産を相続することができません。
例えば、夫が亡くなった場合は、内縁の妻は相続人になることができません。
その場合は、夫の法定相続人が財産を受け継ぐことになります。子や親、兄弟姉妹が相続人になるわけです。
内縁の妻が夫の名義の物件に住んでいる場合は、その物件は当然、相続人のものになります。
相続人から立ち退きを求められれば、内縁の妻はその物件に住み続けることはできなくなります。

2、認知されていない非嫡出子(婚外子)

遺伝子的には親子関係が確認できても、法律上の親子関係がなければ、その子供は相続人になることができません。
婚姻関係にない男女間に生まれた子――例えば愛人の子は、父親との親子関係は、認知を受けない限り、生じません。そのため、父親が亡くなったとしても、財産を相続する権利が発生しないわけです。


いずれの場合も、婚姻届出、あるいは、認知届出をすれば、法定相続人になれるので、それが最も手っ取り早い解決方法ですが、何らかの理由で、届け出をしたくないとか、できないという方もいるでしょう。

そのような場合は、遺言書によって、遺産を遺贈することもできます。

ただし、他に法定相続人がいる場合は、法定相続人の遺留分を考慮する必要があります。具体的には、被相続人に配偶者や実子がいる場合と親が存命している場合です。
兄弟姉妹しかいない場合は、遺留分を考慮する必要はありません。


●実録行政書士開業十年シリーズ
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年
平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた行政書士の開業初期の実体験を記した手記。

食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2
知名度、人脈、資金ゼロ、ホームページもSNSも持たず、営業も一切やらずに、毎年一千万以上の売り上げを達成し続け、開業十周年を迎えた行政書士の戦略とは?

食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐに至った行政書士だけが知っている孫子の極意とは?

食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方2 実録行政書士開業十年4
低価格を提示するのは、自分がバカだと世間に公示しているようなもの!孫子の兵法の経営戦略を忠実に実行すれば、行政書士で年間一千万以上稼ぐのは当たり前!金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士どん底で掴んだ極意とは?

食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方3 実録行政書士開業十年5
行政書士は食えない、役立たない資格。だからこそ、食えるのだ――。金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士が、孫子の兵法によって悟りを開き、たどり着いた境地とは?

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-11 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図る必要がある場合に、都市計画に定める市街化区域と市街化調整区域との区分をいう。
2、準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の住居その他の建築物の建築又はその敷地の造成が現に行われ、又は行われると見込まれる一定の区域で、そのまま土地利用を整序することなく放置すれば、将来における都市としての整備、開発及び保全に支障が生じる恐れがあると認められる区域をいう。
3、再開発等促進区は、地区計画について、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の増進とを図るため、一体的かつ総合的な市街地の再開発又は、開発整備を実施すべき区域をいう。
4、高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途を適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種中高層住居専用地域等において定められる地区をいう。



美里「これも条文を知っているかどうかだけの問題だね」
建太郎「はあ……。条文を丸暗記しなきゃ解けないってわけだ」
美里「都市計画法の勉強をしていれば、何度も目にしているはずの条文だよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-10 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、用途地域のうち、第一種低層住居専用地域については、低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため、都市計画に少なくとも、建築物の容積率、建ぺい率及び高さの限度を定めなければならない。
2、高度地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るため、少なくとも建築物の容積率の最高限度及び最低限度、建ぺい率の最高限度、建築面積の最低限度を定めなければならない。
3、特別用途地区については、文教地区、観光地区などの十一種類の総称であり、主として用途地域による用途規制を強化したり、緩和することにより、当該地区の特性にふさわしい特別の目的の実現を図るものである。
4、風致地区は、市街地の美観を維持するため定める地区であり、地区内における建築物の建築や宅地の造成、木竹の伐採などの行為については、地方公共団体の規則で規制することができる。



美里「これは定義を知っていれば解ける簡単な問題だよね」
建太郎「難しい!何が何だかさっぱり分からない!」
美里「ちょっと!この程度の問題も分からないようでは、勉強不足もいいところだよ!」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-9 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、都市計画区域は、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全される必要がある区域であり、2以上の都府県にまたがって指定されてもよい。
2、都市計画は、都市計画区域内において定められるものであるが、道路や公園などの都市施設については、特に必要がある時は、当該都市計画区域外でも定めることができる。
3、市街化区域は、既に市街地を形成している区域であり、市街化調整区域は、おおむね10年以内に市街化を図る予定の区域及び市街化を抑制すべき区域である。
4、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を進めるため、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分することができるが、すべての都市計画区域において区分する必要はない。



建太郎「この問題は簡単だな」
美里「うん。簡単すぎるよね」
建太郎「どの問題もこのレベルの問題だったらいいんだけどな」
美里「そうすると、合格ラインが跳ね上がるんだからね」
建太郎「それは困る!」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-8 平成11年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、都市施設は、円滑な都市活動を確保し、良好な都市環境を保持するように都市計画に定めることとされており、市街化区域については、少なくとも道路、公園及び下水道を定めなければならない。
2、第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保持するために定める地域であり、その都市計画には、その都市計画には建築物の高さの最低限度又は最高限度を定めなければならない。
3、特別用途地区は、当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るために定める地区であり、用途地域内においてのみ定めることができる。
4、市街化調整区域内の土地の区域について、定められる地区計画の地区整備計画においては、建築物の容積率の最低限度、建築物の建築面積の最低限度及び建築物等の高さの最低限度を定めることはできない。



美里「これも条文を知っているかどうかだけの問題だよね」
建太郎「難しい!いろいろな条文がごちゃ混ぜになっているから、何かなんだか分からなくなるよ!」
美里「そう?だとしたら、勉強不足だよ!もう一度、テキストを見直してよね!」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1-7 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、都市計画の決定又は変更の提案は、当該提案に係る都市計画の素案の対象となる土地の区画内の土地所有者の全員の同意を得て行うこととされている。
2、都市計画事業の認可等の告示があった後においては、事業地内において、都市計画事業の施行の障害となるおそれがある建築物の建築を行おうとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない。
3、土地区画整理事業等の市街地開発事業だけでなく、道路、公園等の都市計画施設の整備に関する事業についても、都市計画事業として施行することができる。
4、市街化区域はすでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域であり、市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域である。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「問われている範囲が広大すぎて、何の問題だかさっぱり分からないじゃないか!」
美里「そう思う?だとしたら、勉強不足だよ。条文を読み込んでいれば、答えはすぐに分かるよ」

続きを読む