初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

眠い時の対処法

眠い時の対処法

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ


夜は、眠くて勉強にならないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

眠いけど、勉強しなければならない。

でも、眠くて勉強にならない……。

ということで、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。



そんなときは、解決策は三つあります。

一つは、眠いときは30分程度寝るということです。

本格的に寝てしまうと、そのまま寝てしまう可能性がありますから、ソファなどで、少し横になるようにするとよいでしょう。

その際は、親に、30分したら起こしてもらうとか、目覚まし時計などをセットしておいて、30分したら必ずおきられるようにしておきましょう。

そうすれば、眠気も少しは和らいで勉強しやすくなると思います。



二つ目は、歩いてみること。

歩いているうちに、目が覚めてくると思います。そうしたら、もう一度、勉強に集中しましょう。

ただ、本当に疲れているときは、むしろ、余計に疲れて、眠くなってしまうので、逆効果です。



三つ目は、朝勉強するというここです。

夜は早く寝て、朝早く起きて勉強するという方法です。生活を一変させなければならないので、慣れるまで大変です。

見たいテレビがあっても、我慢して寝なければなりません。

しかし、慣れてしまえば、効率が上がること間違いなし。

できれば、家族全員で、早寝早起きの癖をつけるようにするといいかもしれません。

広告を非表示にする

宅建士試験過去問 権利関係 共有 1-55 平成15年

ABCが建物を共有している場合(持分を各三分の一とする)に関する次の記述のうち、民法の規定によれば誤っているものはどれか。

1、Aは、BとCの同意を得なければ、この建物に関するAの共有持分権を売却することはできない。
2、Aは、BとCの同意を得なければ、この建物に物理的損傷及び改変等の変更を加えることはできない。
3、Aが、その共有持分を放棄した場合、この建物は、BとCの共有となり、共有持分は各二分の一となる。
4、各共有者は何時でも共有物の分割を請求できるのが原則であるが、五年を超えない期間内であれば、分割しない旨の契約をすることができる。

胡桃「これは、条文レベルの簡単な問題だわ。分かるわね?」
建太郎「ああ。共有に関する基本を問う問題だよな」
胡桃「問題文を一瞥しただけで、答えを見つけられるようにしたいものだわ。三十秒もかからずに、正解が分からなければだめよ。まず、1から見ていくわよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 権利関係 不法行為 1-54 平成14年

Aの被用者Bと、Cの被用者Dが、A及びCの事業の執行に付き、共同してEに対し不法行為をし、ABCDがEに対して損害賠償債務を負担した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、Aは、Eに対するBとDの加害割合が6対4である場合は、Eの損害全額の賠償請求に対して、損害の6割に相当する金額について賠償の支払いをする義務を負う。
2、Aが自己の負担部分を超えて、Eに対して損害を賠償した時は、その超える部分につき、Cに対してCの負担部分の限度で求償することができる。
3、AはEに対して損害賠償債務を負担したことに基づき、損害を被った場合は、損害の公平な負担の見地から信義則上相当と認められる限度において、Bに対して、損害の賠償または求償の請求をすることができる。
4、Dが、自己の負担部分を超えてEに対して損害を賠償した時は、その超える部分につき、Aに対し、Aの負担部分の限度で求償することができる。



建太郎「やたらと細かい設定だよな」
胡桃「それでも問う内容は基本的なことよ。何についての出題か分かるわね」
建太郎「不法行為使用者責任と共同不法行為についての問題だよな」
胡桃「そうよ。二つのことを問う出題だということね。それを踏まえたうえで、選択肢を見ていくわよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 権利関係 不法行為 1-53 平成17年

Aは、所有する家屋を囲う塀の設置工事を業者Bに請け負わせたがBの工事により、この塀は瑕疵ある状態となった。Aがその後、この塀を含む家屋全部をCに賃貸し、Cが占有使用している時に、この瑕疵により、塀が崩れ、脇に駐車中のD所有の車を破損させた。ABCはこの瑕疵があることを過失なく、知らない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Aは、損害の発生を防止するのに必要な注意をしていれば、Dに対する損害賠償責任を免れることができる。
2、Bは、瑕疵を作り出したことに故意又は過失がなければ、Dに対する損害賠償責任を免れることができる。
3、Cは、損害の発生を防止するのに必要な注意をしていれば、Dに対する損害賠償責任を免れることができる。
4、Dが、車の破損による損害賠償請求権を、損害及び加害者を知った時から3年間行使しなかった時は、この請求権は時効により、消滅する。


胡桃「これは何の問題か分かるわね?」
建太郎「不法行為責任について、総合的に問う問題だよね。一般不法行為責任の他、土地工作物責任についても問う内容だね」
胡桃「所有者、占有者、それに工事業者がそれぞれ、どういう責任を負うのか、正確に理解していないと解けない問題だわ。まず、1から順番に見ていくわよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 権利関係 不動産の物権変動 1-52 平成17年

Aは、自己所有の甲地をBに売却し、代金を受領して、引き渡しを終えたが、AからBに対する所有権移転登記はまだ終えていない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば誤っているものはどれか。

1、Aの死亡により、Cが単独相続し、甲地について、相続を原因とするAからCへの所有権移転登記が為された場合、Bは、自らへの登記をしていないので、甲地の所有権をCに対抗できない。
2、Aの死亡により、Cが単独相続し、甲地について、相続を原因とするAからCへの所有権移転登記が為された後、CがDに対して甲地を売却し、その旨の所有権移転登記が為された場合、Bは自らへの登記をしていないので、甲地の所有権をDに対抗できない。
3、AB間の売買契約をBから解除できる事由がある時で、Bが死亡し、EとFが二分の一ずつ共同相続した場合、E単独ではこの契約を解除することはできず、Fと共同で行わなければならない。
4、AB間の売買契約をAから解除できる事由がある時で、Bが死亡し、EとFが二分の一ずつ共同相続した場合、Aがこの契約を解除するには、EとFの全員に対して行わなければならない。



胡桃「これは宅建試験ではメジャーな出題だわ。確実に得点したい問題ね」
建太郎「ああ。不動産に関する物権変動の問題。宅建受験生にとっては十八番ともいえる問題だよな」
胡桃「早速、1から見ていくわよ」

続きを読む

勉強は机だけでするものではない

勉強は机だけでするものではない

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

勉強というと、机にかじりついてやるものというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、一番集中できるのは、机の上での勉強でしょう。

しかし、勉強は、必ずしも、机の上だけでやるものではありません。

短期間で難関資格に合格できる方ほど、隙間時間をうまく活用しているものです。

例えば、

要点集などを作って、常に持ち歩いて、休み時間や通勤、帰宅途中等に広げる。

部屋の壁一面に暗記メモを貼り付けて常に見られるようにしておく。

夜遅くまで勉強するのではなくて、朝早く起きて、勉強する。

等々、とにかく、うまく時間を活用して勉強している人が多いようです。

ぜひ、いろいろと工夫してみて、自分なりにやりやすい勉強方法を見つけてくださいね。

宅建士試験過去問 権利関係 相続 1-51 平成16年

自己所有の建物に妻Bと同居していたAが遺言を残さないまま、死亡した。Aには先妻との間に子C、Dがいる。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。

1、Aの死後、遺産分割前にBがAの遺産である建物に引き続き居住している場合、C及びDは、Bに対して建物の明け渡しを請求することができる。
2、Aの死後、遺産分割前にBがAの遺産である建物に引き続き居住している場合、C及びDは、それぞれBに対して、建物の賃料相当額の四分の一ずつの支払いを請求することができる。
3、Aの死亡時点で、BがAの子Eを解任していた場合、Eは相続人とみなされ、法定相続分は、Bが二分の一、CDEは、各六分の一ずつになる。
4、Cの子FがAの遺言書を偽造した場合には、CはAを相続することができない。


建太郎「相続の分野って、条文レベルの出題じゃなかったのか?やたらと難しくないか?」
胡桃「確かに、宅建のテキストには書かれていないような選択肢もあるわね。でも、明らかに宅建レベルを超えていると分かる選択肢が答えというケースは少ないのよ。難しい選択肢が出てきたら、とりあえず除外して、分かる選択肢の中に答えがないかどうか検討するべきよ」
建太郎「それには、どこまでが宅建レベルかの見極めが必要だね」
胡桃「宅建のテキストをしっかりと読み込んでいれば、見極めることは難しくないわよ。基本的に宅建は条文レベルの出題。時に判例も出るけど、どのテキストにも載っている基本的な判例が問われるだけよ」
建太郎「うーん。そうかな」
胡桃「というわけで1から見ていくわよ」

続きを読む