初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

年収一千万の行政書士補助者 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版)) / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

年収一千万の行政書士補助者 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

年収一千万の行政書士補助者 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))

 司法試験失敗者を食い物にする? あの暴力団と巨大行政書士事務所の罠 行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版)第一弾

 司法試験に不合格になり、就職活動にも失敗し、資格スクールの事務員のバイトをしながら、未来の希望を抱けない日々を送っていた桜葉賢治(二八歳)の前に、六本木に大型事務所を構える行政書士法人昇竜事務所の代表行政書士竜野愛三が現れる。
 年収一千万円、ハイヤーによる送り迎え付き、家賃五十万の六本木の高級賃貸マンションに無料で住めるという破格の待遇を提示され、補助者として働かないかと勧誘される。賢治は、行政書士の資格を持っていなかったが、戸惑いながらも行政書士法人昇竜事務所で補助者として働き始める。
 仕事は、建設業許可申請と会社設立がメイン。ブラック企業さながらの激務だったが至れり尽くせりの待遇と充実した日々に満足する賢治。
 だが名門行政書士法人の背後には怪しい影が……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジー武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この小説の冒頭部を無料で読むことができます









●条文丸暗記100問ドリル 民法

 条文を丸暗記したつもりでも、いざ、問題を前にすると、戸惑ってしまう。
 そんなことがよくありませんか?
 ちょうど、英単語を暗記したつもりでも、いざ、長文問題を前にすると、単語の意味が思い浮かばない状態に似ていると思います。
 この状態を克服するには、たくさんの問題に触れて、慣れるしかありません。
 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングが必要になるのです。
 条文丸暗記100問ドリルはそのための問題集です。ぜひ、活用してください。

→ 条文丸暗記100問ドリル 民法1

→ 条文丸暗記100問ドリル 民法2

→ 条文丸暗記100問ドリル 民法3


ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

 宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

 一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

 入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
 初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

 通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

 既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズは下記で公開しています

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限1

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限2

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法1

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法2

→ ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト その他編



●【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説

 宅建士試験の合否は条文の知識の量で決まる。絶対に合格したければ、すべての条文を頭に叩き込め!

 会話文形式で、民法の第一条から第千四十四条まですらすら読めて、司法書士試験入門レベルの知識が身につく画期的なテキストが登場!

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 民法総則編

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 物権法編・担保物権法編

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 債権総論編 現行法版

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 債権各論編 現行法版

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 親族法編

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 相続法編

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 民法総則編

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 債権総論編1

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 債権総論編2

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 2-18 平成24年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

宅地建物取引業者A社が、宅地建物取引業者ではないBから自己所有の土地付き建物の売却の媒介を依頼された場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、A社がBと専任媒介契約を締結した場合、当該土地付き建物の売買契約が成立した時は、A社は遅滞なく、登録番号、取引価格、売買契約の成立した年月日を指定流通機構に通知しなければならない。
2、A社がBと専属専任媒介契約を締結した場合、A社は、Bに当該媒介業務の処理状況の報告を電子メールで行うことはできない。
3、A社が宅地建物取引業者C社から当該土地付き建物の購入の媒介を依頼され、C社との間で一般媒介契約を締結した場合、A社は、C社に法第34条の2に基づく書面を交付しなければならない。
4、A社がBと一般媒介契約を締結した場合、A社がBに対し、当該土地付き建物の価額又は評価額について、意見を述べる時は、その根拠を明らかにしなければならない。




愛「これもバカバカしいくらい簡単だぞ」
建太郎「おう」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告 2-17 平成26年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、新築分譲マンションを建築工事完了前に販売しようとする場合、建築基準法第6条1項の確認を受ける前において、当該マンションの売買契約を締結することはできないが、当該販売に関する広告をすることはできる。
2、Aは、宅地の売買に関する広告をするにあたり、当該宅地の形質について、実際のものよりも著しく、優良であると人を誤認させる表示をした場合、当該宅地に関する注文がなく、売買が成立しなかったときであっても、監督処分及び罰則の対象となる。
3、Aは、宅地又は建物の売買に関する広告をする際に取引態様の別を明示した場合、当該広告を見た者から売買に関する注文を受けた場合は、改めて、取引態様の別を明示する必要はない。
4、Aは、一団の宅地の販売について、数回に分けて広告するときは、最初に行う広告以外は取引態様の別を明示する必要はない。



愛「これもクイズみたいに簡単な問題だぞ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告 2-16 平成24年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはいくつあるか。

1、建物の所有者と賃貸借契約を締結し、当該建物を転貸するための広告をする際は、当該広告に自らが当事者となって貸借を成立させる旨を明示しなければ、法第34条に規定する取引態様の明示義務に違反する。
2、居住用の賃貸マンションとする予定の建築確認中の建物については、当該建物の貸借に係る媒介の依頼を受け、媒介契約を締結した場合であっても、広告をすることはできない。
3、宅地の売買に関する広告をインターネットで行った場合において、当該宅地の売買契約成立後に継続して広告を掲載していたとしても、最初の広告掲載時点で当該宅地に関する売買契約が成立していなければ、法第32条に規定する誇大広告等の禁止に違反することはない。
4、新築分譲住宅としての販売を予定している建築確認中の物件について、建築確認中である旨を明示すれば、広告することができる。




愛「個数問題だが、簡単な問題だぞ」
建太郎「おう」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 2-15 平成22年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

宅地建物取引業保証協会に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、宅地建物取引業者が保証協会の社員になる前に当該宅地建物取引業者宅地建物取引業に関し取引をした者は、その取引により生じた債権に関し、弁済業務保証金について、弁済を受ける権利を有する。
2、保証協会の社員である宅地建物取引業者と、宅地建物取引業に関し、取引をした者が、その取引により生じた債権に関し、弁済業務保証金について、弁済を受ける権利を実行するときは、当該保証協会の認証を受けるとともに、当該保証協会に対し、還付請求をしなければならない。
3、保証協会から還付充当金を納付すべきことの通知を受けた社員は、その通知を受けた日から1月以内にその通知された額の還付充当金を当該保証協会に納付しなければならない。
4、保証協会は、新たに宅地建物取引業者がその社員として加入しようとするときは、あらかじめ、その旨を当該宅地建物取引業者が免許を受けた国土交通大臣または、都道府県知事に報告しなければならない。




愛「これも間違えるのが難しいくらい簡単だぞ」
建太郎「おう」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 2-14 平成24年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

宅地建物取引業保証協会に関する次の記述のうち、宅地建物取引業の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けた時は、その納付を受けた額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。
2、保証協会は、弁済業務保証金の還付があったときは、当該還付額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。
3、保証協会の社員との宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は、当該社員が納付した弁済業務保証金分担金の額に相当する額の範囲内で、弁済を受ける権利を有する。
4、保証協会の社員との宅地建物取引業法に関する取引によれ生じた債権を有する者は、弁済を受ける権利を実行しようとする場合、弁済を受けることができる額について、保証協会の認証を受けなければならない。



愛「これもどうやったら間違えるのか疑問に思うくらい簡単だぞ」
建太郎「おう」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 2-13 平成27年 / 条文丸暗記100問ドリル 民法 覚えた条文を使いこなすためのトレーニングをしよう

営業保証金を供託している宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会の社員である宅地建物取引業者Bに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、新たに事務所を設置する場合、Aは、主たる事務所の最寄りの供託所に供託すべき営業保証金に、Bは、保証協会に納付すべき弁済業務保証金分担金に、それぞれ金銭又は有価証券をもって充てることができる。
2、一部の事務所を廃止した場合において、営業保証金又は弁済業務保証金を取り戻すときは、A、Bはそれぞれ還付を請求する権利を有する者に対して、6か月以内に申し出るべき旨を官報に公告しなければならない。
3、AとBが、それぞれ主たる事務所の他に他に3箇所の従たる事務所を有している場合、Aは、営業保証金として2500万円の供託をBは、弁済業務保証金分担金として150万円の納付をしなければならない。
4、宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は、Aに関する債権にあっては、Aが供託した営業保証金について、その額を上限として弁済を受ける権利を有し、Bに関する債権にあっては、Bが納付した弁済業務保証金分担金についてその額を上限として弁済を受ける権利を有する。



愛「これも簡単だぞ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む