初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 1-42 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問いにおける都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市および特例市にあってはその長をいうものとする。

1、国土交通大臣は、都道府県知事の申出に基づき、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれの著しい市街地又は市街地になろうとする土地の区域を宅地造成工事規制区域として指定することができる。
2、宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事は、擁壁、排水施設又は消防の用に供する貯水施設の設置その他宅地造成に伴う災害の発生を防止するため必要な措置が講じられたものでなければならない。
3、造成主は宅地造成等規制法第8条1項の許可を受けた宅地造成に関する工事を完了した場合、都道府県知事の検査を受けなければならないが、その前に建築物の建築を行おうとする場合、あらかじめ都道府県知事の同意を得なければならない。
4、都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地で、宅地造成に伴う災害の防止のため必要な擁壁が設置されていないため、これを放置するときは、宅地造成に伴う災害の発生の恐れが著しいものがある場合、一定の限度のもとに、当該宅地の所有者以外の者に対しても、擁壁の設置のための工事を行うことを命じることができる。



美里「これも基本的な問題だね」
建太郎「むむっ……。だんだん細かくなっていないか?」
美里「それでも、正解を見つけることは難しくないはずだよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 1-41 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地造成等規制法に規定する宅地造成工事規制区域(以下この問において、規制区域という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問いにおける都道府県知事とは、地方自治法の指定区域等にあっては、それぞれの指定都市の長をいうものとする。

1、規制区域内で過去に宅地造成に関する工事が行われ、現在は、造成主とは異なる者がその工事の行われた宅地を所有している場合、当該宅地の所有者は、災害が生じないようにその宅地を常時安全な状態に維持するように努める必要はない。
2、規制区域内の宅地において行われる切土による土地の形質の変更に関する工事で、当該宅地に高さ1.5メートルのがけが生じ、かつ、その面積が600平方メートルのときは、造成主は、あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければならない。
3、新たに指定された規制区域内において、指定の前にすでに着手されていた宅地造成に関する工事については、その造成主は、その指定のあった日から、21日以内に都道府県知事の許可を受けなければならない。
4、規制区域内の宅地造成に関する工事の検査済証が交付された後、宅地造成に伴う災害防止上の必要性が認められるときは、都道府県知事は、宅地の所有者に対して、当該宅地の使用を禁止または制限することができる。



美里「これも簡単な問題だよ」
建太郎「えっ?そうか?正しいものを選ぶんだよな。正しいのが複数あるように見えるけど」
美里「だとしたら、勉強不足だよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 1-40 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問いにおける都道府県知事とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市特例市にあっては、その長をいうものとする。

1、宅地を宅地以外の土地にするために行う土地の区画形質の変更は、宅地造成に該当しない。
2、都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内において、行われる宅地造成に関する工事についての許可に当該工事の施行に伴う災害の防止その他良好な都市環境の形成のために必要と認める場合にあっては、条件を付することができる。
3、宅地以外の土地を宅地にするための切土であって、当該切土を行う土地の面積が400平方メートルであり、かつ、高さが1メートルのがけを生じることとなる土地の形質の変更は、宅地造成に該当しない。
4、宅地以外の土地を宅地にするための盛土であって、当該盛土を行う土地の面積が1000平方メートルであり、かつ、高さが80センチのがけを生じることとなる土地の形質の変更は、宅地造成に該当する。



美里「今日の問題は、宅地造成等規制法だよ。宅地造成等規制法って何かわかるよね?」
建太郎「要するに、山の斜面とかを宅地にする際の規制だろ」
美里「そうだよ。選択肢はどれも基本事項ばかりだから、簡単だね」
建太郎「むむっ。細かい数字を暗記していないと解けないな……」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 土地区画整理法 1-39 平成10年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

土地区画整理事業における換地処分に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、換地処分は、換地計画に係る区域の全部について、土地区画整理事業の工事がすべて完了した場合でなければ、することかできない。
2、土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業の換地計画において、保留地が定められた場合、当該保留地は、換地処分の公告があった日の翌日において、すべて土地区画整理組合が取得する。
3、換地処分の公告があった日の後においては、施行地区内の土地及び建物に関して、土地区画整理事業の施行による変動に係る登記が行われるまで、他の登記をすることは一切できない。
4、土地区画整理事業の施行により、公共施設が設置された場合、施行者は、換地処分の公告があった日の翌日以降に限り、公共施設を管理する者となるべき者にその管理を引き継ぐことができる。



美里「この問題は、例外があるかどうかを問う問題だね。いずれも条文を読んでいればすぐに正誤が判断できるね」
建太郎「むむっ……。難しくないか」
美里「難しくないよ。条文を読んでいるかどうかだけの問題だよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 土地区画整理法 1-38 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、土地区画整理組合が総会の決議により、解散しようとする場合において、その組合に借入金があるときは、その解散について、その債権者の同意を得なければならない。
2、土地区画整理組合は、その事業に要する経費に充てるため、賦課金として参加組合員以外の組合員に対して、金銭を賦課徴収することができるが、当該組合に対する債権を有する参加組合員以外の組合員は、賦課金の納付について、相殺をもって組合に対抗することができる。
3、換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告のあった日の翌日から従前の宅地とみなされるため、従前の宅地について存した抵当権は、換地の上に存続する。
4、公共施設の用に供している宅地に対しては、換地計画において、その位置、地積等に特別の考慮を払い、換地を定めることができる。



美里「これも条文レベルの出題だね」
建太郎「そうか?よくわからない選択肢もあるけど」
美里「それでも、消去法で、答えを見つけることはできるはずだよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 土地区画整理法 1-37 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

土地区画整理事業の仮換地の指定に関する次の記述のうち、土地区画整理法によれば、正しいものはどれか。

1、施行者は、仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときは、その仮換地について、使用又は収益することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定めることができる。
2、仮換地となるべき土地について、質権や抵当権を有する者があるときは、これらの者に、仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生日を通知しなければならない。
3、土地区画整理組合が仮換地を指定した場合において、当該処分によって、使用し又は収益することができる者のなくなった従前の宅地については、換地処分の公告がある日までは、当該宅地の存する市町村がこれを管理する。
4、土地区画整理組合は、仮換地を指定しようとする場合においては、あらかじめ、その指定について、土地区画整理審議会の意見を聞かなければならない。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「ああ。条文レベルの出題だって、俺でもわかるよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 土地区画整理法 1-36 平成8年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

土地区画整整理事業の施行区域において、仮換地の指定がされた場合に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、仮換地の指定を受けて、その使用収益をすることができるものが、当該仮換地上で行う建築物の新築については、都道府県知事の許可が必要になる場合はない。
2、従前の宅地の所有者は、仮換地の指定により、従前の宅地に抵当権を設定することはできなくなり、当該仮換地について、抵当権を設定することができる。
3、従前の宅地の所有者は、換地処分の公告がある日までの間において、当該宅地を売却することができ、その場合の所有権移転登記は、従前の宅地について、行うことになる。
4、仮換地の指定を受けた者は、その使用収益を開始できる日が仮換地指定の効力発生日と別に定められている場合、その使用収益を開始できる日まで、従前の宅地を使用収益できる。



美里「これも基本的な問題だよね」
建太郎「うん。そうだな。条文レベルの出題だって、俺でもわかるよ」
美里「何しろ、平成一桁年代の問題だからね」

続きを読む