初めての宅建士資格試験重要過去問

解けなかったら合格できない重要過去問をピックアップしていきます

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-37 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の事後届出に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、都市計画区域外において、Aが所有する面積12000平方メートルの土地について、Aの死亡により、当該土地を相続したBは事後届出を行う必要はない。
2、市街化区域において、Aが所有する面積3000平方メートルの土地について、Bが購入した場合、A及びBは事後届け出を行わなければならない。
3、市街化調整区域に所在する農地法第3条1項の許可を受けた面積6000平方メートルの農地を購入したAは、事後届出を行わなければならない。
4、市街化区域に所在する一団の土地である甲土地(面積1500平方メートル)と乙土地(面積1500平方メートル)について、甲土地については、売買によって所有権を取得し、乙土地については、対価の授受を伴わず、賃借権の設定を受けたAは、事後届出を行わなければならない。



美里「これも簡単な問題だよ」
建太郎「んっ……。正しいのがいくつもあるように見えるけど……」
美里「ひっかけ問題も交じっているから、問題文をよく読んでよね」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-36 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法23条の届出(事後届出)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、土地売買等の契約による権利取得者が事後届出を行う場合において、当該土地に関する権利の移転の対価が、金銭以外のものであるときは、当該権利取得者は、当該対価を時価を基準として金銭に見積もった額に換算して、届出書に記載しなければならない。
2、市街化調整区域において、Aが所有する面積4000平方メートルの土地について、Bが一定の計画に従って、2000平方メートルずつに分割して順次購入した場合、Bは事後届出を行わなければならない。
3、C及びDが、E市が所有する都市計画区域外の24000平方メートルの土地について、共有持分50%ずつと定めて共同で購入した場合、C及びDは、それぞれ、事後届出を行わなければならない。
4、Fが市街化区域内に所有する2500平方メートルの土地について、Gが銀行から購入資金を借り入れることができることを停止条件とした売買契約をFとGとの間で締結した場合、Gが銀行から購入資金を借り入れることができることが確定した日から起算して、2週間以内に、Gは事後届出を行わなければならない。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「むむっ……。ちょっとややこしくないか?」
美里「どれも基本的なことを聞いているだけだよ」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-35 平成23年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問いにおいて、「事後届出」とは、法23条に規定する都道府県知事(地方自治法に基づく指定都市にあっては、当該指定都市の長)への届出を言う。

1、都道府県知事は、法24条1項の規定による勧告に基づき、当該土地の利用目的が変更された場合において、必要があると認める時は、当該土地に関する権利の処分についてのあっせん、その他の措置を講じなければならない。
2、都道府県知事が監視区域の指定について、土地利用審査会の確認を受けられなかったときは、その旨を公告しなければならない。なお、監視区域の指定は、当該公告があったときは、その指定の時にさかのぼって、その効力を失う。
3、Aが、市街化区域において、2500平方メートルの工場建設用地を確保するため、そのうち、1500平方メートルをB社から購入し、残りの1000平方メートルをC社から贈与で取得した。この場合、Aは、事後届出を行う必要はない。
4、Dが所有する市街化調整区域内の土地5000平方メートルとEが所有する都市計画区域外の土地12000平方メートルを交換した場合、D及びEは、事後届出を行う必要はない。



美里「今日は、国土利用計画法の問題だよ」
建太郎「はあ……。国土利用計画法も細かい数字を覚えなきゃいけないんだよな」
美里「どれも基本的な問題だから、解けなければだめだよ」

続きを読む

民泊ビジネスの闇 一億稼ぐ行政書士の事件簿3

民泊ビジネスの闇 一億稼ぐ行政書士の事件簿3

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ



民泊ビジネスの闇 一億稼ぐ行政書士の事件簿3 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))


 民泊ビジネスの裏で暗躍する
 不法滞在中国人の恐るべき陰謀!
 一億稼ぐ行政書士友幸に命の危険が迫る!
 行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版)第四弾


 行政書士の倉部友幸は三十歳になったばかりでありながら、都心に近い駅前の一等地に事務所を構え、二人のパートナー行政書士と十人の補助職員を使う行政書士法人倉部事務所の所長である。飲食店営業、喫茶店営業、風俗営業等の営業許認可と会社設立という事業者向けの法務サービスを主として提供している。

 友幸は高校時代の友人で一級建築士の能世兵太から、亡父能世格三の相続手続きの依頼を受けるが、相続財産の一つである賃貸マンション『ノセパレス』で賃借人真中理央が無許可で中国人向けの民泊をやっていることが判明する。
 兵太は、賃借人真中理央を追い出したうえで、旅館業法の簡易宿所の許可を取得し、自ら民泊ビジネスに乗り出そうと考え、友幸にその手続きを依頼する。
 一方、真中理央側は、能世格三が残したという自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申し立てる。そこには、真中理央を遺言認知し、『ノセパレス』を相続させる旨が記されていた。
 亡父が遺言書を残すはずがないという兵太の抗弁を受け、友幸が調べを進めてゆくと、民泊ビジネスの陰で暗躍する不法滞在中国人たちの恐るべき陰謀が判明。真中理央らが行方知れずになり、友幸の身にも危険が迫る。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


この小説の冒頭部を無料で読むことができます

ドロップシッピングの甘い罠 女子大消費生活センターの事件簿1

ドロップシッピングの甘い罠 女子大消費生活センターの事件簿1

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ



ドロップシッピングの甘い罠 女子大消費生活センターの事件簿1 (消費生活センターの事件簿ノベルズ)


 国民生活センター消費生活センターに寄せられる最新の事案、判例を元にした消費者トラブルエンターテインメント。
 萌え系女子大生消費生活相談員と一緒に、あなたも賢い消費者になろう!


 秋田の田舎から上京し、房総女子大学法学部一年生になったばかりの七緒絵美里は、ネット通販で、『初回お試し価格五百円』の広告に釣られて、美容食品を購入する。
 しかし、お試し価格で購入するには、最低六か月、金額にして六万円の定期購入が条件だったことが判明。八日間の返品期間を経過してしまい、困り果てた絵美里は、学生ボランティアによって運営されている『房総女子大学消費生活センター』の門をたたく。

 房総女子大学消費生活センターには、司法試験予備試験に合格済みの俊才――部長の神前愛佳、女子大空手全国大会で優勝した経験のある武闘派――白砂菜月、実家が超大金持ちのおっとりお嬢様――芽森琴音ら、癖のある女子大生消費生活相談員とやる気のない二十四歳の顧問弁護士村正翔太がいた。
 彼女たちの助けを得ながら、解約を試みようとすると……。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


この小説の冒頭部を無料で読むことができます

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 2-34 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問いにおいて、都道府県知事とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市にあっては、その長をいうものとする。

1、宅地造成工事規制区域外に盛土によって造成された一団の造成宅地の区域において、造成された盛土の高さが五メートル未満の場合は、都道府県知事は、当該区域を造成宅地防災区域として指定することができない。
2、宅地造成工事規制区域内において、切土又は盛土をする土地の面積が600平方メートルである場合、その土地における排水施設は、政令で定める資格を有する者によって設計される必要はない。
3、宅地造成工事規制区域内の宅地において、高さが二メートルを超える擁壁を除去する工事を行おうとする者は、一定の場合を除き、その工事に着手する日の14日前までにその旨を都道府県知事に届け出なければならない。
4、宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用した者は、一定の場合を除き、その転用した日から14日以内にその旨を都道府県知事に届け出なければならない。



美里「これも、もうわかるよね」
建太郎「うっ……うん。よくわからない選択肢もあるけどな」
美里「まさか、答えが分からないわけじゃないよね」
建太郎「それは大丈夫」

続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 2-33 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問いにおいて、都道府県知事とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市にあっては、その長をいうものとする。

1、都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地について、宅地造成に伴う災害を防止するために必要があると認める場合には、その宅地の所有者に対して、擁壁等の設置等の措置をとることを勧告することができる。
2、宅地造成工事規制区域の指定の際に、当該宅地造成工事規制区域内において、宅地造成工事を行っている者は、当該工事について、改めて、都道府県知事の許可を受けなければならない。
3、宅地造成に関する工事の許可を受けた者が、工事施行者を変更する場合には、遅滞なくその旨を届け出ればよく、改めて許可を受ける必要はない。
4、宅地造成工事規制区域内において、宅地を造成するために切土をする土地の面積が500平方メートルであって、盛土を生じない場合、切土をした部分に生じる崖の高さが1.5メートルであれば、都道府県知事の許可は必要ない。



美里「これも基本的な条文をしっかり押さえていれば、簡単に解ける問題だよね」
建太郎「ああ。だいぶ慣れてきたぞ」

続きを読む